スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子宮頚がんワクチン5~

前回からの続きです



子宮頚がんワクチン5


子5




子宮頚がんワクチン6

子6




このマンガに関しては、こちらのブログ↓
みかりんのささやき
を参考にさせていただいてます。
つい先日、私が住むこの長野県の南端部の田舎町で
中学1年生の子が、
子宮頚がんワクチンをうった後腕がしびれてあがらなくなり
医療機関で「大丈夫」と言われたが
次の日下半身が麻痺し、今千葉の病院に入院中…
ということに触れたと思います。

このブログの「みかりんさん」に伝えたところ、
今年に入って聞いただけでも5件あるそうです。

中学1年生の症状、
「みかりんさん」の娘さんがワクチンをうった後の症状に
酷似しているようです。

サーバリックスも、ガーダシルも死亡者が出ていますし
(検索するとき、各薬品名と「死者」等の文言を入れてみてください。
情報がいっぱい出てきます)

この、打ったらロシアンルーレットみたいな感じで
「死ぬかも?麻痺するかも?障害残るかも?」っていうワクチンを

しかも打っても
「予防効果の持続期間は確立していなくて」
「いっぱいあるウイルスの中の2~4種以外は効果はないし」(←この2~4種すら・・・?)
「もしすでに感染してたら効かないし」(←調べてなんかない)
「定期的に健診を受けないとワクチンだけじゃ防ぐの無理」
・・・的なことを医薬品添付文書に書いてあるような

そんなワクチンを年端もいかない女の子に何回も接種したいおかんは名乗り出なさい。

代弁させていただきます。
「コロス気です。いや、死んだら困るな。
評判落ちるからな
(賠償金は経費でたんまり用意してあるけど)
ちょっと障害が出て、ワクチンかどうか
断定するのが難しい感じで、
一生薬漬けになってくれたら、
儲かるわ~~~~」
悪い薬屋さんより。
スポンサーサイト

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。